ぷれいす東京Gay Friends for AIDS

ぷれいす東京Gay Friends for AIDSの最新情報をお伝えします。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

HIVとカミングアウト&映画「Hope of Love」上映会

4月27日から5月6日まで、今年のゴールデンウィークは「Tokyo Rainbow Week 2013」と題して、セクシュアルマイノリティーと社会についてさまざまな切り口のイベントが開催されます!



日本HIV陽性者ネットワーク・ジャンププラスとぷれいす東京では、このTokyo Rainbow Week最終日にあたる5月6日(月・祝)に、HIVとカミングアウトをテーマにしたトークと映画上映のプログラムを用意しました。
ぜひご来場ください!

HIVとカミングアウト&映画「Hope of Love」上映会

日時:2013年5月6日(月・祝)午後2:00~4:30

会場:家の光会館 7階 コンベンションホール
http://www.ienohikariss.co.jp/bld/

誰もが、生きていれば秘密の1つや2つは抱えているものです。カミングアウトは、本人だけでなく伝えられた相手や周囲の人々にも、いろいろな変化をもたらします。
いま、日本には2万人を超えるHIV陽性者が暮らしています。医療や福祉が整備された日本では、必ずしも周囲にHIV陽性であることを伝えなくとも、困る事はないように思われているかも知れません。しかし実際には、多くのHIV陽性者が、「HIVは誰にも言えない病気である」というイメージを抱きながらも、それぞれの人生の中で関わる誰かに、HIV陽性であることを伝えるという選択をしています。あるいは、様々な事情から伝えざるを得なかった人もいます。
こうしたカミングアウトの積み重ねは、やがてコミュニティや社会におけるHIV・エイズへのリアリティにも、影響を与えているかもしれません。このイベントは、“HIVとカミングアウト”がテーマです。実際に打ち明けた人、そして打ち明けられた人たちの様々な経験を通して、HIVのリアリティについて考えてみませんか?

プログラム:
1.HIV陽性だと打ち明けられたあなたへ
もし、身近な人からHIV陽性であることを打ち明けられたら…?カミングアウトを受けた経験をもつ人たちの声をもとに作られた冊子「HIV陽性だと打ち明けられたあなたへ」(仮称)について、紹介します。当日ご来場された方には、同冊子をお配りします。
2.医療の現場から見たカミングアウト
病院はHIV陽性者にとって、「自分がHIV陽性であること」を開示して相談できる場所になっています。医療の現場では、周囲の人へのカミングアウトを考えている当事者を、どのようにサポートしているでしょうか?名古屋医療センターの看護師、羽柴知恵子さんにお話を伺います。
3.カミングアウト経験を語る
HIV陽性者が自らのカミングアウト経験を語ります。なぜカミングアウトをしようと思ったのか、伝えることで自分の気持ちや周囲はどのように変化したのでしょうか。
4.映画『The Hope of Love ~愛のみまもり袋~』上映
AIDS発症によりHIV感染がわかった台湾人のゲイ男性と、その母親を取材したドキュメンタリー映画を上映します。監督は陳正勳さん。

主催:特定非営利活動法人ぷれいす東京、特定非営利活動法人日本HIV陽性者ネットワーク・ジャンププラス

後援:鳥居薬品株式会社

※このイベントは、どなたでもご参加いただけます。
※参加費無料、事前申込み不要です。
※会場での撮影および録音はご遠慮ください。
スポンサーサイト
  1. 2013/04/19(金) 23:04:09|
  2. イベントのご案内

Twitter

イベント情報をTwitterで配信中!

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

プロフィール

Gay Friends for AIDS

Author:Gay Friends for AIDS
HIV/AIDS予防啓発活動を行っている、ぷれいす東京Gay Friends for AIDSのブログです。

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。